撫川城「岡山県の県史跡指定第1号」

アクセス

撫川(なつかわ)城は、岡山市撫川に築かれた城郭です。
隣接する庭瀬城ともともとは一体でしたが、江戸時代には別の城となってしまったという珍しい経歴を持ちます。
現在城跡として残るのは、本丸とそれを囲む堀だけです。しかし、周囲に縦横に走る水路は、湿地帯に築かれた沼城の面影を残しています。
撫川城は住宅街の中にあって見事なまでに、石垣や堀の一部を遺構として残し、岡山県指定史跡にも指定されています。現在の城域はとてもコンパクトですが、非常に距離が近いため庭瀬城とセットで、町の散策含めて楽しめる城跡です。

フォトギャラリー

アクセス

所在:岡山県岡山市北区撫川
車:山陽道岡山IC~国道2号線~県道151号線
JR:山陽本線庭瀬駅~徒歩約10分

  • コメント: 0

関連記事

  1. 太陽の丘公園「恐竜のすべり台が迫力満点」

  2. 熊山遺跡「 幾何学的構図をもって築成された 石積遺跡」

  3. 八幡温泉「なめらかで少しぬるめのお湯が特徴のアルカリ性単純温泉」

  4. 鼻ぐり塚「食肉となった牛の鼻ぐりを集めて供養している塚」

  5. 八丈岩山「岩山に座り頂上からの眺めを楽しむ」

  6. 藤田神社「干拓事業の成功と干拓地の守護神とし、児島湾神社として創建」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。