王墓の丘史跡公園「約6・5ha敷地に全部で60基の古墳」

落合羊羹

倉敷市の北東端、中山の西にある丘陵上に築かれた古墳群で、一帯は住宅地として開発されていますが、古墳の多くが現状のまま王墓の丘史跡公園として保存されている。
この庄新町団地のある丘が王墓山丘陵で、楯築遺跡・王墓山古墳・日畑廃寺などの史跡のほか、総数60基にものぼる古墳が残されている。

フォトギャラリー

アクセス

所在:岡山県倉敷市庄新町11−7−38
車:岡山自動車道岡山総社ICより車約20分、山陽自動車道倉敷ICまたは岡山ICより約20分

  • コメント: 0

関連記事

  1. 角力取山古墳「樹齢約450年を経たクロマツがお出迎え」

  2. まだかな橋跡「まだかなと声をかけていたことから橋への名前の由来になったとか・・・」

  3. 久須見大師堂「鷲羽山のお不動さんとして知られる大師堂」

  4. 千足古墳「大がかりな整備工事を行っている岡山市の国史跡」

  5. 寒風古窯跡群「7世紀前半から8世紀にかけて操業された窯跡」

  6. 下津井駅跡地「下津井電鉄線として利用されていた下津井駅」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。