王墓の丘史跡公園「約6・5ha敷地に全部で60基の古墳」

落合羊羹

倉敷市の北東端、中山の西にある丘陵上に築かれた古墳群で、一帯は住宅地として開発されていますが、古墳の多くが現状のまま王墓の丘史跡公園として保存されている。
この庄新町団地のある丘が王墓山丘陵で、楯築遺跡・王墓山古墳・日畑廃寺などの史跡のほか、総数60基にものぼる古墳が残されている。

フォトギャラリー

アクセス

所在:岡山県倉敷市庄新町11−7−38
車:岡山自動車道岡山総社ICより車約20分、山陽自動車道倉敷ICまたは岡山ICより約20分

  • コメント: 0

関連記事

  1. 備中国分尼寺跡「聖武天皇の勅願によって741年(天平13年)に国分寺と共に建立」

  2. 瀬戸大橋「本州と四国を結ぶ長大橋」

  3. 倉敷美観地区「風情が漂う街並み」

  4. 幡多廃寺塔跡「白鳳時代後半に創建、県下最大の塔心礎」

  5. 間宮神社

  6. まだかな橋跡「まだかなと声をかけていたことから橋への名前の由来になったとか・・・」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。