王墓の丘史跡公園「約6・5ha敷地に全部で60基の古墳」

落合羊羹

倉敷市の北東端、中山の西にある丘陵上に築かれた古墳群で、一帯は住宅地として開発されていますが、古墳の多くが現状のまま王墓の丘史跡公園として保存されている。
この庄新町団地のある丘が王墓山丘陵で、楯築遺跡・王墓山古墳・日畑廃寺などの史跡のほか、総数60基にものぼる古墳が残されている。

フォトギャラリー

アクセス

所在:岡山県倉敷市庄新町11−7−38
車:岡山自動車道岡山総社ICより車約20分、山陽自動車道倉敷ICまたは岡山ICより約20分

  • コメント: 0

関連記事

  1. 沙美海岸「日本の渚百選」

  2. 瀬戸大橋「本州と四国を結ぶ長大橋」

  3. 千足古墳「大がかりな整備工事を行っている岡山市の国史跡」

  4. 寒風古窯跡群「7世紀前半から8世紀にかけて操業された窯跡」

  5. パコ (PACO)「美味しいパンと素敵な空間でくつろげるお店」

  6. 岩倉神社「巨石がごろごろと転がっている不思議な雰囲気の神社」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。