下津井観音寺「児島八十八ヶ所第32番札所」

児島八十八ヶ所第32番札所である観音寺。
下津井の町並みを巡っていくと中心部よりやや東側に位置しています。
石段をゆっくり5分ほど上がると瀬戸大橋と塩飽諸島の島々を見渡せれる高台の境内です。
下津井の神社・仏閣がある場所は高台が多いですね^^見晴らしがとてもいいので景色を見るだけでも楽しむことができます。

境内の一角に、塩飽大工が手掛けた薬師堂が鎮座しています。
1731(享保16)年に建てられたもので、繊細な仕上がりを感じさせる彫刻が随所にあり、見渡せる塩飽諸島の景色と塩飽大工の建造物を見る事ができる寺院です。。

アクセス

所在地 〒711-0926 岡山県倉敷市下津井吹上1-2-12
電話番号 086-479-9496
アクセス 車:児島駅出口から徒歩約42分
バス:吹上港前バス停 から徒歩1分

関連記事

  1. 伊勢神宮「天照大御神をお祀りする内宮、豊受大御神をお祀りする外宮」

  2. 備中国総社宮「総社の地名の由来となったといわれる社」

  3. まだかな橋跡「まだかなと声をかけていたことから橋への名前の由来になったとか・・・」

  4. 瀬戸内海国立公園「日本で初めての国立公園」

  5. 鶴崎神社「早島の氏神として600年の歴史を刻む神社」

  6. 吉備路風土記の丘「古備地方の埋蔵文化財他遺跡が集積」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。