瀬戸内海国立公園「日本で初めての国立公園」

瀬戸内海国立公園

瀬戸内海国立公園が、1934年(昭和9年)3月16日に日本で初めての国立公園に指定。
国立公園は、日本を代表する優れた自然の風景地を保護し、利用の促進を図る目的で、国が指定した自然公園です。
瀬戸内海国立公園の最大の特色は、大小1000あまりに及ぶ島々で形成された内海多島海景観です。

フォトギャラリー

アクセス

アクセス

関連記事

  1. 岩倉神社「巨石がごろごろと転がっている不思議な雰囲気の神社」

  2. 沙美海岸「日本の渚百選」

  3. 第12回 倉敷春宵あかり2018「夜の倉敷美観地区一帯を、様々な和の灯りで演出。」

  4. まだかな橋跡「まだかなと声をかけていたことから橋への名前の由来になったとか・・・」

  5. 王墓の丘史跡公園「約6・5ha敷地に全部で60基の古墳」

  6. 瀬戸大橋「本州と四国を結ぶ長大橋」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。