瀬戸内海国立公園「日本で初めての国立公園」

瀬戸内海国立公園

瀬戸内海国立公園が、1934年(昭和9年)3月16日に日本で初めての国立公園に指定。
国立公園は、日本を代表する優れた自然の風景地を保護し、利用の促進を図る目的で、国が指定した自然公園です。
瀬戸内海国立公園の最大の特色は、大小1000あまりに及ぶ島々で形成された内海多島海景観です。

フォトギャラリー

アクセス

アクセス

関連記事

  1. むかし下津井回船問屋「下津井の街の歴史が詰まっている資料館」

  2. 児島駅

  3. 倉敷市民俗資料館「洋風建築をしのばせる園舎がお出迎え」

  4. 沙美海岸「日本の渚百選」

  5. 倉敷市民会館「県下有数のキャパシティを誇る倉敷市の文化芸術の殿堂」

  6. 瀬戸大橋「本州と四国を結ぶ長大橋」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。