瀬戸内海国立公園「日本で初めての国立公園」

瀬戸内海国立公園

瀬戸内海国立公園が、1934年(昭和9年)3月16日に日本で初めての国立公園に指定。
国立公園は、日本を代表する優れた自然の風景地を保護し、利用の促進を図る目的で、国が指定した自然公園です。
瀬戸内海国立公園の最大の特色は、大小1000あまりに及ぶ島々で形成された内海多島海景観です。

フォトギャラリー

アクセス

アクセス

関連記事

  1. 田土浦公園「釣りスポットとしても有名な小さな公園」

  2. 倉敷市役所

  3. 瀬戸大橋架橋記念公園「県史跡下津井城跡を中心に、約16.7haの広大な自然公園」

  4. 下津井散策「江戸時代に廻船問屋で栄えた面影を残す町並みを見ることができるスポット」

  5. 四柱神社「ひるね姫のロケ地になった神社のモデル」

  6. 下津井駅跡地「下津井電鉄線として利用されていた下津井駅」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。