湯原温泉露天風呂「全国の露天風呂番付で西の横綱に選ばれた名泉」

湯原温泉露天風呂

湯原ダムの足元で湧く温泉を岩で囲い、24時間入れる巨大な無料露天風呂として開放。正真正銘、足下噴出による源泉露天風呂で、川底から砂を噴きながら温泉が湧いていることから砂噴き湯(砂湯)の名称で呼ばれるようになりました。
全国の露天風呂番付で西の横綱に選ばれた名泉。湯原温泉砂湯には、温度の違った3つの湯船があります。一番大きい湯が「美人の湯」、この湯はぬるめで、長時間の湯治用に向いています。2つ目が「子宝の湯」、ややぬるめです。ちょうど湯船の中央に大きな石がおいてあり、その岩の周りからブクブクと温泉が湧き出ています。そして最後が「長寿の湯」、こちらは、やや熱めで冬は適温です。

源泉名 砂湯源泉
泉質 低張性アルカリ高温泉
湧出量 60リットル/分
入浴料 無料
利用時間 24時間
※諸事情によりご利用いただけない場合あり。
定休日 毎週水曜日 午前
清掃日 毎月第一金曜日 10:00~14:00

年末に訪れました。
写真では寒さ館が伝わってこないですよね。
この日は12月30日の大晦日一日前です。。
雪を期待して訪れたのですが雪にはお目にかかれませんでした、雪を見ながらの露天風呂は言うまでもなく最高ですよね^^

湯原の露天風呂が好きでたまに仲間たちと訪れるようにしています。
今日は子供たち抜きの時間を過ごしています。。

湯原温泉は昔から通っていますので最近は随分整備されてきた感じがします。

昔はこの露天風呂の奥まで車が入れて駐車が出来ていましたが、今では随分手前の河川敷に車を止めての歩きになっています。
想像はつきますが、結構道が狭かったんですよね・・・
無理やり止めた人が増えて問題になったんでしょうね。。

まぁ歩けばすむことなので、今の方が車も気にせず歩けるし空間が広く感じて観光費としてはgoodですよ^^

さぁ今日も到着しました!
湯原の露天風呂「砂湯温泉」です。
雰囲気最高です。

砂湯温泉には3つの入る場所があり、屋根があるこの場所が一番暖かいんです。
年末の夜ともなれば0度付近の気温になっているので、他の湯ではぬるくて寒すぎます。

特に出る時はここで身体をしっかり温めてから出て下さいね、風邪ひきますので(笑)

女性の方も入れるようにはしているのですが、さすがにここで着替える勇気はないですよね・・・。
よっぽどでないとね・・・。

風情がある露天風呂です。
写真ではちょっと明るめに写っていますが、実際は薄暗く露天風呂に入るにはちょうどいいくらいの明るさだと思います。
個人的にですが。。

ボタン雪でも降れば最高なんですけどね・・・
今日は難しそうです。

雪が降れば温泉にはいいけど、帰りの運転は大変ですね。。
除雪車もいないし、アイスバーン地帯が出来そうだし・・・考えただけども疲れそう。。

旅館に泊まるのもおススメです。
観光地としては良い場所と思いますよ。
年末に近かったので旅行客の車がかなり多かったです。

ん・・・
こんな奴いるんだろうか・・・
酔っぱらうと出てくるんでしょうかね(笑)
温泉地ならではですね、こんな看板は。街中では普通につかまりますからね(笑)
面白い看板でした。。

次回も年末位にチャレンジしてみます!
雪が降るときのタイミングで訪れれば管理人的にはgoodなので、その時には写真を撮ってアップしていこうと思います。
雪の湯原温泉の紹介を楽しみにしておいて下さい。。

アクセス

所在地 岡山県真庭市湯原温泉
TEL 湯原観光情報センター 0867-62-2562
アクセス
大阪方面
【中国自動車道】吹田IC~落合JCT~【米子自動車道】湯原IC下車~3km →吹田から湯原温泉まで約2時間30分
広島方面
【中国自動車道】広島北IC~落合JCT~【米子自動車道】湯原IC下車~3km →広島北から湯原温泉まで約2時間30分
四国方面
【高松自動車道】高松西JC~坂出JCT~【瀬戸中央自動車道】~倉敷JCT~【山陽自動車道】~岡山JCT~【岡山自動車道】~北房JCT~【中国自動車道】~落合JCT~【米子自動車道】湯原JC下車~3km →高松西から湯原温泉まで約2時間
岡山方面
【山陽自動車道】岡山JC~岡山JCT~【岡山自動車道】~北房JCT~【中国自動車道】~落合JCT~【米子自動車道】湯原JC下車~3km →岡山から湯原温泉まで約1時間
倉敷方面
【山陽自動車道】倉敷IC~岡山JCT~【岡山自動車道】~北房JCT~【中国自動車道】~落合JCT~【米子自動車道】湯原IC下車~3km →岡山から湯原温泉まで約1時間

関連記事

  1. 八幡温泉「なめらかで少しぬるめのお湯が特徴のアルカリ性単純温泉」

  2. 川上河川公園「蒜山から流れ出る冷たい水で川遊びを楽しむ^^」

  3. あわくら温泉 元湯「カフェ&レストラン併設の温泉付きゲストハウス」

  4. 神庭の滝「日本の滝百選・日本百景に指定」

  5. クアガーデンこのか「上齋原温泉と湯の谷温泉の混湯からなり、温泉と温泉プールを完備したレジャー施設」

  6. 竜宮岩「新庄川の清流で浸食された石灰岩が作り出す造形美」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。