がいせん桜「歴史的建造物を眺めながら桜のトンネルをくぐる」

がいせん桜

当時の面影を残す旧出雲街道宿場町の両側に植えられた132本の桜。日露戦争の戦勝記念に植えられたもので、「がいせん桜」と呼ばれている。
本陣跡など風情ある町並みに桜が映えて、見事な景観だ。毎年4月中旬には桜花爛漫に咲き誇り、歴史的建造物を眺めながら桜のトンネルをくぐる。
がいせん桜並木は四季折々に風情を変えて、旧出雲街道新庄村の町並みを美しく引き立てています。

アクセス

所在地:岡山県真庭郡新庄村町地区(がいせん桜通り)

米子自動車道蒜山ICから車約5分
JR
JR姫新線中国勝山駅から新庄行きバス40分新庄上下車

関連記事

  1. やかげ町家交流館「昭和初期の古民家を改修した趣のある建物」

  2. 倉敷美観地区「風情が漂う街並み」

  3. 新庄村役場

  4. 下津井の共同井戸群「下津井の背後の山々から良質の水が湧いたという井戸」

  5. まだかな橋跡「まだかなと声をかけていたことから橋への名前の由来になったとか・・・」

  6. 足守散策

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。